未経験で介護福祉士に転職するのは無謀?

介護福祉士は未経験からでも目指せる仕事ですが、すぐに介護福祉士になれるわけではありません。
そのため、今すぐに転職するということができず、介護現場での実務経験と介護職員実務者研修を受講し、資格を取得しなくてはならないので、最低でも3年かかります。

介護福祉士は、福祉の社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の三大国家資格のひとつであり、また、介護業界で唯一の国家資格です。
介護福祉士の仕事は、介護を必要とする方の身体的な介護と生活援助をはじめ、メンタルケアやチームのリーダーとしてスタッフのマネージメントなどをメインに行ないます。
場合によっては、利用者や利用者の家族からの相談を受け付けることもあり、ケアプランの変更は介護福祉士はできないため、ケアマネージャーとの相談や連携が必要です。
勤務先は、老人ホームなどの高齢者向けの施設や利用者の自宅などが主となります。

一方で社会福祉士は、高齢者に限らず、児童や家庭、障害などの幅広い分野の人を対象に、さまざまな理由や問題で日常生活が困難な場合に、アドバイスや指導、福祉サービスを提供し、問題解決を行なうのが仕事です。
社会福祉士の場合には、高齢者向けの施設や障がい者施設だけでなく、地域の福祉サービスや病院などの医療機関などと介護福祉士とは勤務先も異なります。
さらに、福祉関係全般の幅広い知識やカウンセリングを実践するための心理学など多くのことを学ぶ必要があります。

介護福祉士は人と接することが多い仕事なため、人の情報をすばやくキャッチできコミュニケーション能力のあるおしゃべり好きな人に向いているといわれています。
利用者の方の気持ちを察し、会話を楽しめることも大切なので、思い通りに会話が進まないなどによるストレスを上手に発散でき、自分の感情もコントロールできる人が最適です。
また、身体介護では力を使うこともあるので、基礎体力もある程度あり精神的にも肉体的にもタフな人なら介護福祉士として活躍できるでしょう。

介護福祉士を未経験から目指すには資格が必須?

介護の仕事は、未経験や無資格でも介護補助的な仕事であれば病院や老人ホームなどの施設などでパートやアルバイトの雇用形態で勤められます。
ただし、介護福祉士と名乗って仕事に就きたい場合には、実務経験と資格が必要となります。

介護福祉士を目指すには、福祉系の大学や専門学校、養成スクールを卒業するルートと実務経験ルートがあります。
実務経験ルートでは、介護の仕事を続けながら実務経験を積みながら資格を取得しステップアップしていきます。
まずは、第一歩目となる介護職員初任者研修を受講し、130時間のカリキュラムを修了し初任者研修修了者となります。
訪問介護を行ないながら、次に介護職員実務者研修を受講し、身体介護と生活援助の介護業務のほかにも医療ケアなどを学びます。

実務者研修を修了し、3年の実務経験を積むと、介護業界唯一の介護福祉士の国家試験の受験資格が取得できます。
ここまでのステップは、既にパートなどで仕事に就いている方も仕事をしながら受講できるので、勤務先の施設によっては資格保有者として正社員への雇用転換もできることもあります。
介護福祉士の国家試験は、介護業務全般はもちろん、それに加えてかなり幅広い分野の知識が必要となるため、それなりの受験勉強が必要です。
独学でも可能ですが、効率的な受験勉強のためには、通信型や通学型の講座を受講するのが適切です。
いずれも3ヶ月くらいじっくりと時間をかけるコースと受験前の短期集中の2週間ほどのコースがあるので、ライフスタイルに合った講座が受講できます。

ハードルの高い国家試験に合格すれば、介護のプロと認められ介護福祉士として、これまで以上に活躍の場が広がり、よりやりがいと責任のある仕事ができます。
また、介護福祉士資格は、正社員としての転職や再就職にも有利と言われています。