未経験でも経理に転職できるのか?

未経験者にとって事務の仕事の中でも経理の仕事と言うと少し敷居が高いといったイメージを持っている人が多くいます。
知識が無い、お金を扱うのが苦手などその理由は様々ですが、いずれにせよ経理を経験したことが無い人は経理の仕事を避ける傾向にあります。
実際に異分野から経理の仕事へ転職する人は少なく、このため経理の部署のほとんどは新規採用時に経理に配属された人で構成されているといった状況になっています。

経理と一口に言ってもその業務内容は多岐にわたっています。
一般的に良く知られているのが給与計算事務ですが実際の業務はそれに留まりません。
文房具類等の物品調達、複写機などのメンテナンス契約、資産の管理など実に様々な業務が経理の仕事として挙げることができます。
大規模な企業になればなるほど例えば給与係、契約係、資産係などのように分業化される傾向がありますが、規模の小さい会社においてはこれらの業務を一手にこなさなければならないところもあります。

このように紹介すると経理の仕事というものがますます疎くなり転職先として避けがちになってしまいますが、経理の仕事というものは意外にルーチンワークが多く、それほど難しい業務ではありません。
例えば給与計算業務は前月の勤務時間を当月初において集計して、集計したら給与袋に印刷、給与日において振込処理をするといったように業務が定型化しています。
しかも近年はこうした業務の多くはシステム化されていますので、未経験者でも十分に処理が可能となっています。

このように経理の仕事というものは必ずしも専門的な知識が要求される業務ではなく、また難しい処理をする業務でもありません。
慣れるまでは多少の苦労は伴うかもしれませんが、先述の通りほとんどの業務がシステム化されていますので、直に慣れることができます。
慣れてくればシステム化された流れに沿って粛々と進めていけば良いだけですので、未経験者でも全く問題なく対応できます。
したがってやる気さえあれば異分野からの転職であっても、十分に経理業務をこなしていくことができます。

経理の仕事が未経験の方は資格や勉強をする

現代においては経理の業務のほとんどがシステム化されているため、基本的にはシステムの流れに任せればおおよその業務は問題なく処理が可能となります。
しかし経理業務の全ての業務についてシステムで対応しているわけではありません。
一部の業務については人間の手により処理が必要なものもあります。

例えば経理業務の中で重要な業務として決算業務というのがあります。
これは毎年度末に帳簿を締めて、貸借対照表や損益計算書といった企業における財務状況を示す書類を作成するものです。
年度末における業務では資産が実際に存在しているか、遊休設備や不明金は無いかといった調査が行われ、これはシステムではなく人間の手によって行う必要があります。

こうしたイレギュラーな業務については、通常はマニュアルなどがありそれに従って処理をすることとなりますが、そのマニュアルには減価償却や繰延処理など会計独特の用語と出会う局面が多くなります。
そして未経験者の多くはそこでつまずいてしまいます。
こうしたことに対処するためにはやはりある程度知識は蓄えたほうがベターと言えます。

このように記述すると多くの人は難しい会計書籍を引っ張り出して、高度な資格に手を出しがちですが、そんな必要は全くありません。
基本的な知識さえ抑ええればよいのです。
具体的には簿記試験の3級程度の知識で十分です。
その程度の知識があればたとえ規模の大きい企業の経理でも十分に対応できます。
もしそれ以上の知識がどうしても必要であるなら、簿記試験の3級を取得後に、上位レベルの資格をコツコツと勉強していけば良いです。
いずれにせよ未経験の方にはまずは簿記試験3級の資格を取得することがベストとなります。