医療事務の職場は病院以外にもある?転職方法

医療事務として働く女性医療事務=勤務先は病院のみというイメージを持っている方も多くいるかもしれません。
ですが医療事務は、街の大きな総合病院で働くだけではなく、小さなクリニックや歯科医院などさまざまな職場で働いています。
もしも医療事務として働くことを考えているのであれば、病院の受付以外でどのような職場の選択肢があるのか把握しておくようにしましょう。

例えば医療事務として働いている方の中には、人とのやり取りを最小限に抑えるために転職したいという方もいるでしょう。
そのような方は、レセプト業務を探してみるのも1つの手です。
レセプト業務は覚えることが多くありますが、人とのやり取りが最小限で済むので人気を集めています。
実際にレセプト業務に転職したい場合、派遣会社に登録するのが一般的です。
派遣会社に登録して、派遣先としてレセプト業務を紹介してもらえます。

ほかにも医療事務の職場には、調剤薬局や介護施設などの選択肢もあげられます。
病院などの職場と比較して、調剤薬局介護施設の場合は募集人数が少ないので注意が必要です。
病院と違って募集期間が短いこともあるため、転職を考えている方はこまめに情報が更新されていないか確認することが大切です。
医療事務の活躍の場所は広がっているものの、一番募集情報が多いのが病院での募集です。
そのため最初から病院以外と決めて仕事を探すのではなく、病院も候補に入れながら広い視野で仕事を探すことも大切です。

医療事務は、人気の高い仕事です。
医療事務として働きたいと考えている方も多いので、就職活動をしていてもなかなか仕事が決まらない方も多くいます。
あっさりと仕事が見つかることのほうが少ないため、そのことを理解したうえで自分のペースで仕事を見つけるようにしましょう。
また医療事務の仕事先を見つけるためにも、理想ばかりを追い求めず働く条件の妥協点を見つけることも忘れてはいけません。
なかなか仕事が見つからない場合には、条件の見直しをすることも必要です。

病院以外での給与も変わってくる?

医療事務として働く場合、気になるのがどのくらいの給料が受け取れるのかという点です。
病院で働く場合とその他の職場で働く場合で給与に差が出るのであれば、給与が多くもらえる職場で働きたいと考える方もいるでしょう。
医療事務の場合、職場の違いによる給与の差はほとんどありません。
職場の違いというよりは、雇用形態の差による影響のほうが大きいのです。

医療事務といっても、正社員として働いている方もいればパートや派遣で働いている方も多くいます。
正社員で働いている方の場合、高卒の初任給なら約15万で大卒の初任給は約18万円です。
最初はもらえる給与が少なめでも、30代まで勤務すれば給与が月25~30万円程度まであがってきます。
50代で役職付きの医療事務になれば、月の給料が35万円程度もらえることもあります。

パートで働く医療事務は、時給850円程度からのスタートです。
最初は少なめの時給だとしても、資格を取得するもしくは経験を積むなどの点に応じて、良い条件で働けるようになります。
パートの場合子育て中の方でも働きやすいので、パートでもいいから働きたいと考えている方も多くいます。

一方で派遣という選択肢も、医療事務の業界では人気を集めています。
派遣での平均時給は1000円~1300円ほどです。
あくまで平均の話なので、個人の経験によって時給は変わってきます。
また派遣における特徴の1つが、繁忙期のみなどの契約も多いという点です。
長期間働ける職場もあれば、数か月のみの職場もあるので注意が必要です。
さまざまな雇用形態が存在しているからこそ、給与の問題だけではなく、自分のライフスタイルに応じて適した働き方を選ぶことが大切です。