人事の仕事は未経験でも可能?転職方法

人事の仕事は未経験でも可能なのかどうか、気になっている方は多いと思います。
新人の採用や面接、研修の運営、社員の評価等華やかな業務内容に憧れを持っている方や、営業や工場勤務等に比べれば比較的楽な職種だとイメージしている方もいるでしょう。

ではどうすれば人事の仕事に就くことができるでしょうか。
もし、人事未経験の方が人事への転職を希望するのであれば、「人事は楽そう」というイメージを捨てることが大事です。
人事というと、新人の採用活動、面接等華やかな業務をイメージしますが、それらを運営するためには膨大な雑務をこなす必要があり、会社にもよりますが想像以上に激務であることがあります。

人事業務は採用活動だけではありません。
例えば給与計算・業績評価等社員の労務管理は非常に神経を使う仕事であり、特にデスクでの事務作業に慣れていない方にはかなり辛く感じるでしょう。
会社によっては、人事部門が庶務や総務的な仕事を任される場合もあり、その際の業務量・種類は膨大なものとなります。
業務量が多いとしても、人事はあくまで間接部門であるため、営業や製造部門のように人材を優先的に回されることは少なく、必然的に少数精鋭で仕事を回すことになります。
よって一人の社員にかかるプレッシャーはとても高くなるといえるでしょう。

また、人事は内勤職種とはいえ他部門との折衝、採用活動における大学訪問や求人媒体運営会社との折衝、その他求職者や社内出入りの業者との折衝等多くの方と関わる必要があり、営業並みのコミュニケーション能力を求められます。
このように人事業務は非常に大変な職種ではありますが、一般的なイメージ通り自社の社員からも「楽そうな職種」だと思われる傾向があり、なかなか頑張りを認めてもらえない職種といえます。
給与面においても、業績評価が反映されやすい営業や、残業時間をつけやすい製造現場業務等に比べるとやや低い傾向にあります。
もし、未経験から人事への転職を求めるのであれば、上記のような人事業務の特性を理解した上で、自身のこれまでの経験が人事業務でどのように役立てることができるかを、よく考えてから活動するべきでしょう。

未経験から人事に転職するための面接対策

未経験から人事職種の面接を受ける場合、まず大事なのは「自身がこれまで社会人として、どのような問題に直面し、そしてどのように解決してきたか」を分かりやすく説明することです。
一見すると、人事と関係ない職種の経験は役に立たないように思われがちですが、多くの部門や社員と関わる人事という職種では、どのような経験でも無駄になるということはありません。
大事なのは、自身が仕事に対してどのように取り組んできたか、その経験をこれからどのように生かしていくかを丁寧に説明していくことです。

特に多くの人と関わり、また厳しいノルマ等をこなしてきた営業職種の方は喜ばれる傾向があります。
工場等製造現場でのライン長のような労務管理経験がある方、安全衛生管理のような総務的な経験がある方も歓迎されます。
そうはいっても、自身のこれまでの経験が人事に役に立つかどうか自信がなく、せめて何か資格を取ることで優位に立ちたいという方もいるでしょう。

人事での転職において最も喜ばれる資格の一つが「社会保険労務士」です。
この資格は弁護士や税理士等士業の一種であり、自身で事務所を設立することも可能な資格です。
社会保険手続きや、労務管理等人事業務をする上で非常に役に立つ資格といえます。

ただし、その分難易度は高く、この資格を取るためには半年~1年スパンでの計画的な勉強が必要となります。
また、この資格を持っているからと言って、人事業務がスラスラとこなせるかというとそういうわけではありません。
人事業務は日々の実践の積み重ねにより磨くものであり、資格はあくまでもその補助的な役割といえるでしょう。

面接を担当するのは当然人事部門の方となります。
採用のプロである彼らの目を小手先のテクニックでごまかすことはできません。
たどたどしくてもよいので、熱意と誠意をもって自身のこれまでの経験や人事業務への思いを説明していきましょう。
余力があれば、「社会保険労務士」の資格取得や、また資格に関する勉強をしている旨を説明するのもよいでしょう。