ネイリストの転職したいと思った理由とは?

ネイリストネイリストの仕事内容は、専門的なネイル技術を駆使しながら、お客様の爪や手先を美しく見せるように色々な手入れを施すことです。
「ネイリスト」という言葉は日本ならではの呼び方で、世界では「マニュキュアリスト」あるいは「ネイルテクニシャン」という名称で呼ばれています。

ネイリストの仕事と聞くと、爪を美しくデザインすることを連想する方が多いでしょう。
しかし、一番の基本になるのは「ネイルケア」だとされています。
ネイリストが行う具体的な技術としては、爪の形状を整えたり表面部分を磨いて手入れするネイルケアをはじめ、マニキュアを塗っていく「カラーリング」、様々なデザインをネイルに施す「ネイルアート」、ダメージを受けた爪の修復や補習を行う「リペアー」などの技術があります。

ネイルケアの技術はさらに細かく分かれ、爪の形を整える「ファイリング」や爪を磨く「バフィング」、甘皮を処理する「キューティクルケア」なども必要です。
このほか、サロンによっては爪の矯正も行う場合も。
そもそも、ネイリストに転職したいと思った理由を見ていく際に、「ネイルが好き」という気持ちが大前提になっているケースが多いです。
初めは「ネイルが好きなので、人にもしてあげたい」といった気持ちから、プロへの転職を目指す人も大勢います。

ネイリストになるためには学歴や年齢は関係ないため、「好きなことを仕事にしていきたい」という理由から転職への準備を本格的に始める人も。
また、「ストーンやラメなどを使ってアートをデザインしたり、指先を美しく演出する作業自体が、時間を忘れてしまうくらい楽しいから」という理由から転職を考える方もいます。
さらには、「手先が器用なので、ネイルを通じてお客様に喜んでもらうことにやりがいを感じるから」、「ネイルの技術を身に付け、結婚してもスキルを活かして働きたい」、「将来的に独立することも可能で、自分のサロンを持ちたいから」といった理由も見られます。

ネイリストの転職を目指す人に知っとくべき情報

ネイリストへの転職を目指す方も大勢存在しますが、未経験者からネイリストになるためには必要な準備があります。
ネイリストは全て最初は誰でも未経験者なので、経験についてはほぼ問われることがありません。

未経験からネイリストを目指すには、まずネイルスクールなどに通い、資格を得ることが一番効果的な方法と言えるでしょう。
スクールについては、全国各地に沢山の教室が存在していますが、通信講座が利用できる環境も整っていますので、ある程度の学習なら通信講座を活用して自宅でも行えます。
しかし、資格を実際に取得するためには、専門知識を身に付けることはもちろん、実技試験をパスする必要があります。
さらに、モデルなども自分で用意しないといけません。

内容が理解しやすくて、資格を比較的取得しやすい方法は、やはり専門のネイルスクールに通って必要な技術を習得することです。
資格取得に対応しているスクールを選ぶことが必要になり、年4回実施される試験に受かるように、十分に練習する必要があります。
資格については1級から3級まで準備されていますが、3級の場合はネイルについての基礎知識すなわち比較的初歩的な内容に限定されます。
3級に受かった方を対象に、2級を受験できる権利が得られることになっていますので、まず3級を目指して勉強する方法が一般的です。
なお、ネイルサロンで将来活躍することを希望するなら、2級を取得している方が就職で有利になる環境にあります。

面接対策をしっかり行っておくことも、大切な要素です。
ネイリストは接客もしなければなりませんので、技術だけでなく愛想も大切。
面接では、明るく笑顔での対応も必要になり、清潔感を大切にして挑むことも重要です。